地域の不動産をよく知っている町角の業者

業者には3種類ありますが、新築マンション以外の不動産売買をするのなら、相談できる仲介業者を選びましょう。

地域の不動産をよく知っている町角の業者

不動産のことを相談できる業者の選び方

PAGETITLE
不動産を扱う業者には3つの種類があります。直接の売主と、販売代理、そして仲介だけを行っている仲介業者です。新築マンションの場合は、売主や販売代理が多く、新築一戸建ての場合は売主、販売代理、仲介など、どちらの場合もあります。売主はハウスメーカーやデベロッパーで、担当者に直接交渉を行うこともできます。これが中古の場合は、マンションでも一戸建てでも仲介が圧倒的に多くなります。中古の場合、売主には個人が多く、お互いに不動産の売買には不慣れであることが多いため、仲介業者のサポートが必要になります。

新築マンションの場合は、建築に携わったデベロッパーの評判で選ぶべきですが、それ以外の場合は仲介業者選びが大切になってきます。仲介業者は、売主から依頼されて、販促から話合いの調整、契約までサポートしてくれます。この仲介業者は不動産のプロですが、それぞれに特徴もあれば力量の差もあります。これから長い付き合いになるかもしれないのですから、何でも相談できる仲介業者を選ぶことが大切です。まず、国土交通大臣免許と都道府県知事免許の数字が大きい仲介業者を選ぶことです。それが、もっとも簡単に何でも相談できる力のある仲介業者を選ぶ方法です。


Copyright(c) 2018 地域の不動産をよく知っている町角の業者 All Rights Reserved.